天ぷら 八坂圓堂さん / 京都祇園

この記事をシェアする

みなさまこんにちは、ハコムスメです。

ご褒美ごはんというと、何を思いつきますか??

ベタなのはやっぱり、お寿司、天ぷら..じゃないですかね!

 

ということで、、今日のご褒美レポートは、

天ぷら 八坂圓堂 さんです!

お席

今回はお座敷の個室でいただきましたが、

他にも、カウンター、お座敷カウンター、お茶室、宴席、テーブル席、洋室など、色んなお席が用意されているみたいです。

いろんなTPOに合わせて選べるのが素敵ですね!

カウンターで目の前で揚げていただくのもいいんじゃないでしょうか..♪

お昼のコース「葵」

先附は写真撮り忘れました(笑)

おまかせ天ぷらは13品。

ですが、テンポよく出てくるので、ペロリといけましたよ。

天ぷら-圓堂-とうもろこし

まずは、名物の変わり揚から。

海老パン、エンドウのコロッケ、とうもろこし。

えびぱん、、??思わず頭に疑問符が。まず最初に出てきたのでびっくりしましたが、食べてみると海老の風味、パンのサクサクした口触りがとても新鮮でした。

エンドウはすりつぶしたものが中に入っていて、素材の味が濃く感じられます。

裏に隠れちゃってますが、とうもろこしの天ぷらは「なんば」とも言って、名物の一つらしいです。甘くてとーっても美味しかったです。

天ぷら-圓堂-活車海老

お次は、活車海老の天ぷら。

プリプリで新鮮、こちらもペロリ。

あ、ちなみに天ぷらに付けるものは、天つゆ、米粉塩、抹茶塩の3種類が用意されています。米粉塩って初めて食べました。

抹茶塩の抹茶はもちろん、京都辻利さんの抹茶だそうですよ。

天ぷら-圓堂-椎茸-鯛-粟麩

お次は、椎茸の海老詰め、鯛の大葉巻き、粟麩。

粟麩もこれまた京都らしい。

天ぷら-圓堂-賀茂なす

京野菜の賀茂なす。

大根おろしと生姜、たまり醤油でさっぱりといただきます。

天ぷら-圓堂-鮎-たで-穴子-ズッキーニ

こちらは稚鮎、ズッキーニ、穴子。

稚鮎は蓼(たで)のソースでいただくそうで、鮎の上に乗っているのが蓼の葉ですね。

ちなみに、お魚のヒレはきちんと立つように揚げているらしいです。技が細かい..!

 

ふう。

天ぷら-圓堂-サラダ

ここで一休み。

お口直しのサラダです。上に乗っているのは、サツマイモの素揚げ。

天ぷら-圓堂-天丼

さて。お待ちかねのご飯もの。

天丼にしてもらいましたが、かき揚げ+ごはんバージョンも選べます。

「ごはんは少なめにいたしましょうか?」と、嬉しいお心遣いも。

天ぷら-圓堂-水物-ピンクグレープフルーツ

水物は、グレープフルーツのシャーベット。

果肉も一緒になって凍っていて、シャーベットというより、そのものを食べている感じ。

後味はとてもさっぱり。余韻を楽しめました。

店舗情報

京都祇園天ぷら八坂圓堂(えんどう)

 

お店の外でのお出迎えから最後のお見送りまで、終始とても気持ちの良い対応でした。京都人もオススメする老舗、一度は足を運んでみるべきお店でしょう。

再訪アリですね!

 

では、また。